編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本マイクロソフト、新元号対応のWindows向け更新プログラムを提供開始

ZDNet Japan Staff

2019-04-26 10:21

 日本マイクロソフトは4月26日、Windows向けに新元号に対応した更新プログラムの正式提供を開始すると発表した。Windowsの日付機能を使用するアプリケーションが新元号名を適切に扱えるにするためのものとなる。今後数週間かけて、さまざまな製品向けに更新プログラムを段階的にリリースしていく予定。

 ユーザーは、Windows Update、Microsoft Updateカタログ、Windows Server Update Services(WSUS)を通じて、これらの更新プログラムを展開できる。更新プログラムとそのガイダンスに関する最新情報については、同社ウェブサイトを参照とのこと。

 また、日本マイクロソフトは、5月1日に施行される新元号への製品対応について、ゴールデンウィーク期間中の4月30日、5月1~2日の日程で問い合わせに対応する。個人向けのサポート時間は10時~18時、問い合わせ先は0120-54-2244。法人向けのサポート時間は9時~17時30分、なお法人向けはマイクロソフトとのサポート契約が必要となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]