編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
調査

サイバーセキュリティ関連の求人が急増、高収入はIT監査人--英Indeed調べ

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-05-28 10:10

 サイバーセキュリティを専門とする技術スタッフの需要が英国で急速に増加しており、2017年から2018年の間に、このスキルセットを持つ労働者の求人広告は15%増加したという。

提供:Image: Indeed
提供:Indeed

 求人検索サイト「Indeed」がまとめたデータによると、雇用主の間で最も需要が多い職種は「ITセキュリティスペシャリスト」で、2位の「セキュリティエンジニア」の3倍近くの需要があるという。

 ITセキュリティスペシャリストは最も需要の多いサイバー関連職種だが、4万5722ポンド(約640万円)という給与は、上位5つの職種の中で最高額ではない。その中で最も給与が高いのは平均給与が5万8328ポンド(約810万円)のIT監査人である。

 Indeedによれば、もっと広い視野から見ると、英国で需要が最も急成長している職種は「ITエンジニア」だという。ITエンジニアは、機器やソフトウェアのインストールと保守のほか、トラブルシューティングも担当する。「モバイル開発者」も英国で最も急成長している職種のトップ10にランクインした。Indeedによると、モバイル開発者には、フロントエンドや「Android」「iOS」「.NET」の開発者が含まれるという。

 この調査では、英国でサイバーセキュリティ分野の人材を最も雇用しているのはKPMGやPwCなどの大手コンサルティング会社であることも分かった。Indeedによると、セキュリティの専門知識を求めている企業のトップ20には、大手コンサルティング会社のほかに電気通信会社やフィンテック企業、大手小売企業が含まれるという。

 Indeedの英国担当マネージングディレクターのBill Richards氏は、「多くの大企業が『IT』インフラストラクチャーではなく『重要な』インフラストラクチャーを話題にするようになったことは、印象的だ。現代の企業はあらゆる面でITに依存している。そして、サイバー攻撃の脅威の増大とプライバシー法の厳格化を受けて、企業の最も貴重な情報を守ることのできる専門家の需要が急速に増大している」と述べた。

 テクノロジー分野で給与が増えているのは、セキュリティ関連の職種だけではない。5月初めに人材会社Reedが発表した調査では、需要のあるプログラミングスキルの給与も急上昇していることが明らかになった。増額幅が最も大きかったのは「Java」プログラマーで、3年間で41%増加した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]