編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
調査

2019年の国内事業者DCの新設と増設投資は前年比34.7%増--IDC調査

NO BUDGET

2019-06-21 15:42

 IDC Japanは6月18日、国内データセンター(DC)事業者のデータセンター投資予測を発表した。

 これによると、2019年は2018年に引き続き拡大期に当たるため、投資額は前年比34.7%増の1245億円となる見込みで、2020年は2019年からの反動で新設投資は減少し、新設/増設投資は前年比19.4%減の1003億円になると予測される。

国内事業者データセンター新設/増設投資予測:2018〜2023年
国内事業者データセンター新設/増設投資予測:2018〜2023年

 2020年以降については増減を繰り返すものの、クラウド向け大規模ファシリティーの建設需要が投資拡大要因となり、2023年の新設投資額は1412億円の規模を維持すると予測している。

 国内事業者データセンターの新設および増設投資は、拡大と縮小のサイクルを繰り返す形となっている。IDCでは国内の建設価格は上昇傾向にあるが、クラウドサービスを中心としてデータセンターサービス市場は高い成長率となっており、データセンター建設投資を手控える動きはないとしている。

 ただし、クラウド向けファシリティーには、建設/運用が低コストでスピーディーであることが求められており、クラウド向け需要に対応するために、モジュール型構造などの新しい設計モデルが重要になるとIDCでは指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]