編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「iOS 13」「iPadOS」「macOS Catalina」のパブリックベータ版が公開

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-06-25 07:01

 Appleの次期OSである「macOS Catalina」「iOS 13」「iPadOS」のベータ版がダウンロード可能になった。

iOS 13発表の様子
提供:Apple

 Appleは毎年6月に開催するWorldwide Developers Conference(WWDC)で最新OSを発表する。続いて、正式リリース前にアプリを開発できるように、開発者を対象にそれらのOSをリリースする。さらにパブリックベータを経て、正式リリースは例年、同社の最新製品が発売される9月に行われる。

 ベータ版であるため、正式リリース前に何らかの変更があり得る。また、まだ開発中のOSのダウンロードには、バグなどの問題が伴う可能性がある。

 ベータ版のダウンロードは自己責任で行い、事前に必ず端末のバックアップをとってほしい。Appleが警告しているように、「パブリックベータソフトウェアはまだ商用リリースされていないため、エラーや不具合が発生したり、商用リリースソフトウェアのように正しく機能しなかったりする可能性がある」。Appleは、ベータソフトウェアをサブのデバイスか「ビジネスに重要」ではないデバイスにのみダウンロードすることを推奨している。

 2019年は、AppleのモバイルOSが2つに分割されている。「iPhone」にはこれまでどおり「iOS」が搭載されるが、「iPad」には新たに「iPadOS」が搭載されることになった。タブレット専用OSにより、iPadの生産性機能が強化され、タブレットはノートPCに取って代わるという可能性にさらに近づく。Appleはこれ以外に、「Apple Watch」用の「watchOS」、「Apple TV」用の「tvOS」、コンピューター用の「macOS」も提供している。

iPadOSベータ版を試す

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]