編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

テプコシステムズ、Watsonを活用したAI基盤を構築

NO BUDGET

2019-06-26 10:25

 テプコシステムズは、コグニティブシステム「IBM Watson」を活用した人工知能(AI)基盤を構築する。第一弾として、会議などの議事録の作成を支援するシステムを6月から提供する。日本IBMが6月20日に発表した。

 議事録作成の支援システムはWatsonの音声認識機能を利用する。深層学習によって音響的な特徴と言語的な特徴を認識し、文章に書き起こすことができる。会議の音声から議事録を自動的に作成する。

 テプコシステムズが開発したAI基盤は、「IBM Cloud Private(ICP)」を用いて企業内のオンプレミス環境にプライベートクラウドを構築。ここにWatsonを活用したさまざまなAIアプリケーションを展開する。

 ICPはKubernetesを中核としたプラットフォームであるため、オンプレミスでありながら、クラウドネイティブな環境でWatsonの各サービスを実行できる。また、アプリケーションの要件に合わせてハイブリッド/マルチクラウド環境を構成することも可能。AIアプリケーションはオンプレミスに置き、迅速に開発や展開が必要なアプリケーションはクラウドに置くなど、柔軟に活用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]