編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

テプコ、日本HP、MSが社内情報資産の有効活用を実現するソリューションで協業

CNET Japan Staff

2007-07-10 12:47

 テプコシステムズ、日本ヒューレット・パッカード(HP)、マイクロソフトの3社は7月10日、社内情報資産の有効活用を実現するソリューションの提供を目的に協業すると発表した。協業の第1弾として、社内の情報資産を有効活用し、生産性を向上させるソリューション「ラピッドスターターパック」を同日より発売開始する。

 「ラピッドスターターパック」は、テプコシステムズの情報連携ツール「ePower/exDirector」を、HPのx86サーバ「HP ProLiant」とマイクロソフトのソフトウェア群でパッケージ化したソリューションだ。ePower/exDirectorには、Microsoft Excelベースの情報資産をMicrosoft Office製品へと自動的に連携させる機能が備わっている。Excelフォーマットをそのまま再利用できるため、業務担当者へのスムーズな導入が期待できる。ラピッドスターターパックでは、規模や用途に合わせてOffice製品を組み合わせ、情報資産の共有と管理が可能となる。

 また、ラピッドスターターパックは規模や用途に合わせて最適なハードウェアにインストールした状態で提供されるため、新しいサーバ導入の際に作業負荷の高いサイジングを気にする必要がない。また、ePower/exDirectorにはテンプレートやチュートリアルも付属しているため、導入後すぐに業務が開始できる。

 ラピッドスターターパックの価格は、25ユーザーで298万円から。導入や設置費用は含まれていない。テプコシステムズの専任チームおよび同社のビジネスパートナーより提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]