編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IBM、「Watson Studio」に自動化機能「AutoAI」追加

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-06-14 10:38

 IBMは米国時間6月12日、データサイエンスプラットフォーム「IBM Watson Studio」に、人工知能(AI)技術を活用した自動化機能である「AutoAI」を搭載したと発表した。これにより、エンタープライズAIの配備に先立つデータプレパレーション(分析データの整備)作業と一連の単調な作業が自動化されるという。

 AutoAIには、データプレパレーションとガバナンスに向けたツールが含まれている。AutoAIはWatson Studioの中核として機能することで、データサイエンティストがモデルの開発に集中できるようにする。Forrester Researchの調査レポートによると、AIの配備に向けた最大のハードルとして、データの品質を挙げる回答が60%を占めていたという。

 Watson Studioは、同社の「IBM Watson Machine Learning」とAutoAIを組み合わせることで、AI配備の中心となっている手順を自動化しようとしている。なお、AutoAIは「IBM Cloud」上のWatson Studioで利用可能であり、以下のような特長を有している。

  • データプレパレーションとデータプリプロセッシング(データの先行処理)の自動化
  • モデルの開発と特徴量最適化
  • データサイエンス/AIモデルを構築するためのハイパーパラメーターの最適化
  • 機械学習(ML)の実験的段階から配備段階に向けてスムーズにスケールするための、勾配ブースティング意思決定木(GBDT)をはじめとするデータサイエンス向けモデル一式
  • オープンベータ段階にある「IBM Neural Networks Synthesis」(NeuNetS)。NeuNetSを使用することでデータサイエンティストはスピードと精度の最適化とともに、モデルの訓練状況の追跡が可能になる。

 Watson Studioの一部となったAutoAIは、「IBM Watson Assistant and Discovery」やWatson Machine Learningをはじめとする幅広いデータサイエンスポートフォリオに基づいて生み出されたものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]