編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セゾン情報、データ連係ツール「HULFT」にIoT向け開発の新機能

ZDNet Japan Staff

2019-07-04 06:00

 セゾン情報システムズは7月3日、データ連係ツール「HULFT」のIoT向け製品の最新版「HULFT IoT Ver.2.0」をリリースした。工場などのIoTシステムからのデータ連係処理をノンプログラミングで開発できるという「EdgeStreaming」機能を追加した。

 新機能のEdgeStreamingは、グラフィカルユーザーインターフェースを備えた開発ツールで、直感的な操作によりデータ処理プログラム(Runtime)を容易に開発できるとする。これにより、開発者がITと制御系技術(OT)双方の専門的な技術知識を習得する負荷を軽減するという。

 また、OT/ITそれぞれに接続するアダプターも提供し、センサーやPLC(プログラマブルロジックコントローラー)などのデータをアナリティクスシステムなどへ容易に連携できるほか、データ連携処理のRuntimeを検証環境へランタイムモジュールとして即時配布でき、デバッグやテストを行えるとしている。

 基本構成の月額利用料は4万5000円(技術サポート費用を含む)からで最短6カ月から1カ月単位で利用できる。同社によれば、工場などの製造現場でIoTとデータ分析による生産工程の可視化需要が高まる一方、OT/ITに通じた人材が不足し、システム開発が難しい状況にあるという。

利用イメージ(出典:セゾン情報システム)
利用イメージ(出典:セゾン情報システム)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]