編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

セレッソ大阪、通訳機「POCKETALK W」活用--限定モデルも発売

藤代格 (編集部)

2019-07-16 06:45

 セレッソ大阪(大阪市東住吉区)は通訳機「POCKETALK W」を導入。コミュニケーションツールとして活用するという。開発、提供するソースネクスト(港区)が7月11日に発表した。

 Bruno Mendes選手をはじめとする外国籍選手のチーム内でのコミュニケーション、スタジアム内の案内、海外遠征時の現地でのコミュニケーションなどに活用。クラブを言語面からサポートしていくという。

活用の様子(出典:ソースネクスト)
活用の様子(出典:ソースネクスト)

 日本プロサッカーリーグの1部リーグ(J.League Division 1:J1)に所属するセレッソ大阪とソースネクストは、同日オフィシャルサプライヤー契約の開始も発表。

(C)2018 CEREZO OSAKA(出典:ソースネクスト)
(C)2018 CEREZO OSAKA(出典:ソースネクスト)

 7月28日にホームスタジアムとなる「ヤンマースタジアム長居」で開催するファン感謝DAY「セレッソ笑店街 SAKURA祭〜笑いと涙の25年〜」では、POCKETALKブースの出店、所属する外国籍選手とPOCKETALKを通じてコミュニケーションできる企画などを予定しているという。

 当日はエンブレムの入った「POCKETALK×セレッソ大阪」限定モデルも発売する。世界128の国と地域で使える4G対応のグローバル通信2年付きのeSIM内蔵モデル。税別販売価格は2万9800円で50台限定。カラーはホワイト。

限定モデルイメージ(出典:セレッソ大阪)
限定モデルイメージ(出典:セレッソ大阪)

 POCKETALK Wは世界74言語に対応する、人工知能(AI)を活用した手のひらサイズの通訳機。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]