編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Microsoft Teams」のデイリーアクティブユーザー数が1300万人を突破

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-07-16 12:17

 Microsoftは米国時間7月11日、同社のグループチャットサービス「Microsoft Teams」における新たなマイルストーンを発表した。同社は今回初めてTeamsのデイリーアクティブユーザー数(DAU)と週間アクティブユーザー数(WAU)を公表し、それぞれ1300万人と1900万人だとした。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 これらの数字が2018年、あるいは6月と比べてどうなのかについては分からない。同社がTeamsに関する指標を最後に発表したのは3月半ばのことであり、利用組織が50万社以上に達したという内容だった。

 Teamsの最大のライバルである「Slack」のDAUは1月に1000万人を超えている(筆者はそれ以来、Slackによる公式のDAU発表を目にしていない)。

 これらの新たな指標は、7月14日から開催されている同社のパートナー向けカンファレンス「Microsoft Inspire 2019」および、技術セールスのための年次社員総会「Microsoft Ready」におけるTeams関連のニュースの一環となっている。

 また同社は11日、Inspireカンファレンスに先立って、Teamsに搭載を予定している複数の追加機能を発表した。これには、時間が重要となるメッセージに優先順位を付ける機能や、相手がメッセージを読んだかどうかを判断できる機能が含まれており、いずれも7月中の展開を予定しているという。

 第一線で働く作業員向けのスケジュール管理機能や、仕事仲間とつながるための機能の充実も7月から8月にかけて予定されている。また新たに、パートナー主導型のTeamsのトライアルも「Microsoft Cloud Service Provider」のパートナー経由で8月1日から利用可能になる。これを利用することで「Microsoft 365」のパートナーは、「Exchange Online」のみを使用している顧客や、クラウドを使用していない顧客に対して6カ月間のトライアルを提供できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]