編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Firefox 69」公開、トラッキング防止をデフォルトで有効に

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2019-09-04 11:19

 Mozillaは米国時間9月3日、「Firefox 69」をリリースした。デスクトップ版と「Android」版の全ユーザーの環境で、トラッキング防止機能がデフォルトで有効になる。これは、ユーザーのオンラインでの行動を把握したいウェブサイトのパブリッシャーや広告主から、プライバシーを保護する取り組みを強化するものだ。Mozillaは6月、新規インストールされたFirefoxでトラッキング防止機能がデフォルトで有効になるようにしたが、今回は全ユーザーが対象だという。

Firefoxのロゴ
提供:Mozilla

 トラッキング防止機能を導入する動きはブラウザーメーカーの間で急速に広がっており、Appleの「Safari」、Brave Softwareの「Brave」、Microsoftの「Chromium」ベースの新たな「Edge」などが搭載してきた。主要ブラウザーの中で長く後れを取っていたGoogleの「Chrome」も、この問題の対処に乗り出している。一方で、ウェブサイト運営者や広告業者にとって、トラッキング対策は厄介な問題だ。彼らは、ユーザーの関心度の評価に基づいて広告をターゲティングすることにより、広告売上の増加を狙っているからだ。

 Mozillaは、3日のブログ記事で次のように述べた。「現在、Firefoxユーザーの20%超は『Enhanced Tracking Protection』(強化されたトラッキング防止)を有効にしている。本日のリリースによって、われわれは100%のユーザーにデフォルトで(トラッキング)防止機能を提供することになると考えている」

 Firefoxは岐路に立っている。Firefoxは今でもPC上では広く利用されているが、スマートフォンではあまり使われておらず、全体として見るとChromeの方がはるかに普及している。Mozillaの最高経営責任者(CEO)であるChris Beard氏も、2019年末に辞任する予定だ。

 だが、Mozillaのさらなるプライバシー強化と時を同じくして、IT業界内外の多くの企業は、ユーザーの個人情報を収集するサイトやアプリ、サービスに対し、より積極的な対策をとろうとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]