編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ユーフォリアとNEC、アスリートのコンディション管理サービス分野で実証実験

NO BUDGET

2019-09-24 06:00

 ユーフォリアとNECは、アスリート向けコンディション管理サービス分野において実証実験を実施し、協業に向けての取り組みを開始すると発表した。

 ユーフォリアは、スポーツ領域におけるITソリューション提供を中心に事業を展開している。スポーツ選手のコンディショニングやトレーニングに必要な情報を一括して記録・管理できるクラウド型のソフトウェアシステム「ONE TAP SPORTS」を提供している。同サービスは、日本代表・プロチームを中心に30競技・300チーム以上の導入実績がある。

 実証では、ウェアラブルデバイスで取得した生体情報データや、アスリート自身が入力した日々のコンディションデータなどを「ONE TAP SPORTS」で収集、集計し、NECの人工知能技術で分析する。この分析結果をもとに、アスリートの疲労、熱ストレス、睡眠の質などを客観的・定量的な値で指標化し、チームおよびアスリートへ提供する。これによりトレーニングの内容や強度の調整、アスリートとコーチスタッフとのコミュニケーションの円滑化や、アスリート自身のセルフケア意識の向上を図り、パフォーマンス向上とケガ予防を支援する。

実証実験の概要
実証実験の概要

 両社は協業に先立って6月から、VリーグのNECレッドロケッツ、ジャパンラグビートップリーグのNECグリーンロケッツを対象に実証実験を行っており、2020年度に事業化を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]