編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

「Evernote」だから簡単にできる--共同作業のさらなる効率化

池田園子

2019-11-20 07:30

 「組織内で正しく情報共有すること」は、チーム間のコミュニケーションを円滑にし、業務をスムーズに進めていくのに欠かせない。

 ある人に伝えるべき情報を伝えられていない、必要な情報に素早くアクセスできない、皆の動きがわからない……そういった状況はメンバーの士気を下げたり、業務を遅延させたりする原因になり得る。

 「Evernote」を活用すれば、チームの情報を簡単かつ適切に整理・共有し、共同作業を効率化することがかなう。その際、使いたい機能のひとつが「スペース」だ。無料版では使えない、「Evernote Business」限定の機能ではあるが、1カ月無料で体験できるため、ぜひ試してみてほしい。

 今回はEvernoteで簡単にできる共同作業効率化術をご紹介する(スクリーンショットはEvernote Businessの画面)。

プロジェクトやチーム、トピックに関するスペースを作る

 Evernote Businessで使えるスペースは、その名の通り、特定のプロジェクトやチーム、トピックに関するスペースを作成して、そこに関連するノートやノートブックを集約し、チームメンバーと共有できる機能である。

スペース

 スペースを新規で作るときは、画面左の「新規スペース」をクリック。スペース名とスペースに関する説明文を入力しておこう。社内のメンバーが見て、どんなスペースなのかわかるくらいの情報が欲しい。

新規スペースの作成

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]