編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

KDDIら、複数5Gドローンを活用して実証試験--南阿蘇地域の観光地で

NO BUDGET

2019-12-18 18:40

 KDDI、東海大学、エア・カメラ、熊本県阿蘇郡南阿蘇村は、ドローンエンジニアチームのAgrid協力のもと、第5世代移動通信システム(5G)を活用して、2機のドローンに搭載した360度カメラの映像をVR(仮想現実)ゴーグルにリアルタイムで伝送する実証試験を実施。2019年12月6~13日の間、道の駅「あそ望の郷くぎの(あそぼうのさとくぎの)」で行った。南阿蘇地域の観光スポットをドローン視点で自由に飛行体験することが目的だという。また、ドローンに搭載した4Kカメラの映像を5G網で伝送し、その映像を見ながらリアルタイムでドローンを制御する実験も実施した。

南阿蘇・震災遺構におけるVR観光のイメージ(報道発表社:KDDI)
南阿蘇・震災遺構におけるVR観光のイメージ(報道発表社:KDDI)

 南阿蘇地域は、阿蘇山や絶滅危惧種を含む植物の群生地、震災遺構などの観光資源がある。一方で、火口付近のガス濃度や火山活動の状況によって阿蘇山への入山が規制されたり、震災遺構に崩落の危険があったりなど、観光客が容易に立ち入れないことにより、地域の魅力を十分に伝えることができていなかったという。こういった背景から、今回の実証試験に至ったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]