編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

電通、アドビやトレジャーと連携する新データ活用基盤を展開

NO BUDGET

2019-12-23 11:29

 電通デジタルは12月18日、新たなデータ連携ソリューション「People Driven DMP X(クロス)」の提供を開始すると発表した。これは、統合マーケティング基盤「People Driven DMP」と、外部サービスを連携させ、データの活用機会を拡大するものになる。

 具体的には、アドビ システムズ、トレジャーデータ、サイバー・コミュニケーションズ、セールスフォース・ドットコムが提供するマーケティング基盤と連携する。顧客の可視化と潜在顧客の発掘、 広告配信の効率化、CRM(顧客関係管理)施策への活用などさまざまな導入効果を見込む。

 ユーザー企業は、自社が保有するデータ(ファーストパーティーデータ)と、People Driven DMPや多様なデータマーケットプレイスが提供するデータ(サードパーティーデータ)はもちろん、マーケットプレイスに参画する特定企業のデータ(セカンドパーティーデータ)との連携や交換も可能となる。

 個人情報を含むデータの取り扱いの厳格化が進む中、日本国内でも多くの企業が安全性を保ちながらデータを流通させるデータマーケットプレイスのサービス構築を模索している。通常、このようなデータマーケットプレイスを活用するためには、各プラットフォームとの個別のデータ連携が必要になるが、People Driven DMP Xの仕組みを活用することで、効率的に複数のマーケティングプラットフォームにアクセスできるとしている。

People Driven DMP X(クロス)の概念図
People Driven DMP Xの概念図(出典:電通デジタル)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]