編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

情報漏洩対策ソフト「秘文 Device Control」にインターネットブレイクアウト

藤代格 (編集部)

2020-03-26 07:15

 日立ソリューションズ(品川区)は3月25日、開発、提供するエンドポイント向けセキュリティ対策ソフト「秘文 Device Control」の新版を発表した。仮想閉域網(Virtual Private Network:VPN)などを経由させずに指定したクラウドサービスに直接アクセスできる「インターネットブレイクアウト」を追加。4月28日から提供する。

 ユーザー企業が信頼できると指定するSaaSやIaaS、PaaSに直接アクセスする。未許可な場合は社内ネットワークを経由するVPNに強制接続するという。危険なネットワークなどへの接続リスクを軽減できるとしている。

 昨今のテレワーク、クラウドサービス需要の急増に伴う、ネットワーク帯域のひっ迫、ファイアウォール、ゲートウェイ、VPNなどの負荷増によるレスポンス速度の低下といった課題に対応。クラウドサービスを快適に活用できる環境と、ネットワーク帯域、設備の増強、増設コストを削減できるとしている。

インターネットブレイクアウト機能イメージ(出典:日立ソリューションズ)
インターネットブレイクアウト機能イメージ(出典:日立ソリューションズ)

 秘文 Device Controlは、ユーザー、デバイス、アクセスポイント(AP)ごとにPCのロック、データコピーの制御などを設定できる。ログの取得、管理も可能で、情報漏えいを防止できるという。

 1クライアントあたりの税別提供価格は、年間利用ライセンスのサブスクリプション版が5000円、買取ライセンスのパッケージ版が1万円。

秘文 Device Controlの特長(出典:日立ソリューションズ)
秘文 Device Controlの特長(出典:日立ソリューションズ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]