富士通、富士通マーケティングと新会社設立--国内事業の拡大目指す

大場みのり (編集部)

2020-03-26 18:32

 富士通は3月26日、国内事業の拡大に向けて富士通マーケティングと新会社を設立すると発表した。新会社は、富士通マーケティングを母体に約9000人で、7月1日に事業を開始する。

 新会社では、自治体や医療・教育機関、民需分野の企業(準大手、中堅・中小企業)向けのサービスを開発から運用まで行う。また、人工知能(AI)やクラウドサービス、ローカル5G(特定のエリアで運用する第5世代移動通信システム)などを活用して、デジタル変革(DX)ビジネスを推進していく。

 日本は少子高齢化や自然災害の脅威、地域格差など、多種多様な社会的・構造的課題を抱えており、官民学医の横断的な対応が求められていると富士通は説明する。同社は新会社の設立により、これらの課題を解決していくという。

 新会社では、自治体業務ソリューション「INTERCOMMUNITY21シリーズ」や電子カルテソリューション「HOPEシリーズ」などのパッケージサービスビジネスに加え、国内事業の拡大に向けて、ガバメントクラウドをはじめとする国を支えるシステムをパートナーとともに推進していく。また、パートナー向けにSaaS(Software as a Service)商品の拡充や、アプリケーション開発支援プログラムなどの整備を行う。

 加えてビジネスプロデューサーがAIやクラウド、ローカル5Gなどの先進テクノロジーと最適なサービスを組み合わせて、地域が抱えるさまざまな社会・経営課題を解決したり、ビジネスを創出したりする。また官民学医でデータを連携させることで、DXビジネスを進めていくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]