編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

プルーフポイント、ウェブ分離のセキュリティサービスを開始

ZDNet Japan Staff

2020-03-27 06:00

 日本プルーフポイントは3月26日、ウェブブラウジングを分離環境で実行することでマルウェア感染などを防ぐセキュリティ対策のクラウドサービス「Proofpoint Browser Isolation」と「Proofpoint Email Isolation」を開始した。

 両サービスは、クライアント端末からウェブサイトの閲覧やウェブメールの利用を行う際に、各種コンテンツの処理をクラウド上のコンテナー環境で実行し、そのイメージをクライアント端末に配信する仕組みとなる。

 これにより、ウェブ側から不正なプログラムやコンテンツがダウンロードされても、それらが実行されるのはクラウド上のコンテナー環境になるため、クライアント端末は影響や被害を受けない。クライアント端末にエージェントソフトウェアなどを導入する必要もない。

 同社では、コンテナー環境での処理が高速に行われることから、クライアント端末側で行うのに近いウェブ利用環境になると説明する。また、クラウド型サンドボックスサービス「Proofpoint Targeted Attack Protection」を併用すれば、悪質なウェブへのアクセスを未然に防止するなど、セキュリティレベルを高められるとしている。

サービスイメージ
サービスイメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]