編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
調査

5G契約数は2020年末に1億9000万件、エリクソン予測--まず中国がけん引

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-06-17 11:04

 スウェーデンの通信機器大手Ericssonは現地時間6月16日、年2回発行しているモビリティレポートの最新版を公開し、世界の5G契約数が2020年末までに1億9000万件に達するとの予測を示した。2019年11月の前回レポートでは、2020年末に1億件と予測していた。中国での契約数が急増する一方で、北米と欧州では前回予測したほどの勢いは見込めないとしている。

5Gの文字
提供:Graphic by Pixabay/Illustration by CNET

 全世界では2025年末までに、モバイル契約全体のうち5G契約数が30%を占め、約28億件になると予測している。この数字は、前回レポートの26億件を上回っている。

 Ericssonは世界有数の電気通信機器プロバイダーだ。携帯通信業界が新たに展開する5Gネットワークの多くはEricssonの技術をベースに構築されることから、同社は将来のトラフィックと利用状況を推測できる立場にある。

 レポートでは、中国で5G技術の需要が急拡大し、2020年は中国が5G契約の過半数を占める見込みだとしている。一方、米国と欧州の契約数はEricssonの11月の予測を下回るという。北米での2020年の契約数は1300万件で、1600万件とした11月の予測を下回る見込みだ。欧州も400万件で、600万件とした11月の予測を下回るとされる。

 ただしEricssonは、2025年末までには中国以外でも同社が以前に予測したペースにまで復調すると見込んでいる。モバイル契約者数に占める5G利用者の割合はまず中国で増加し、北米が1年から2年で追いつくという。その段階で北米は5Gサービス利用者が約20%になる。そして2025年末には、北米で4人中3人(74%)が5Gを利用しているとの予測だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]