「Java 15」リリース--誕生から25年の現在

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-09-17 15:11

 Oracleがプログラミング言語Javaの最新版となる「Java 15」の一般提供(GA)を発表した。Javaは25年前にSun MicrosystemsのJames Gosling氏が開発した言語だ。Oracleは2009年にSun Microsystemsを約74億ドルで買収した際にJavaを獲得し、「これまでにOracleが取得した中で、最も重要なソフトウェア資産」と語った。

 Java 15(Oracle JDK 15)には、エドワーズ曲線デジタル署名アルゴリズムや「Hidden Class」が導入されるほか、過去のプレビューに含まれていたテキストブロックやZガベージコレクタ(ZGC)が正式版となった。「Sealed Class」がプレビューとなり、セカンドプレビューとしてパターンマッチングや「Records」が追加された。

 Javaは2020年、2012年以降では初めて、RedMonkの人気プログラミング言語ランキングの上位2位から転落し、JavaScriptとPythonに次ぐ3位となったと発表された。

 TIOBEの9月のランキングでもJavaは2位に甘んじた(1位はC、3位はPython)。開発から35年が経過したC++に対する関心が他のどの言語よりも急速に高まっている一方で、TIOBEの最高経営責任者(CEO)であるPaul Jansen氏によれば、Javaは1年前のランキングから3.81ポイントも評価を落とすなどしている。

 それでもOracleによると、Javaは現在も高い人気を誇っており、企業で広く利用されている。世界でフルタイム開発者の69%以上が利用しているという。

 Oracleは「技術投資を続け、Javaのイノベーションをさらに前進させるとともに、めまぐるしく変化するテクノロジー環境に対応する助けとなるようにする」と、OracleのJavaプラットフォームグループ開発担当バイスプレジデントのGeorges Saab氏は言う。

 Oracleによれば、世界には今も510億台のアクティブなJava仮想マシン(JVM)があり、Javaはアナリティクスやデータ管理、ビッグデータ、DevOps、モバイル、継続的デベロップメントツール、チャットボットといったサービスに活用されている。Pythonと異なり、Javaは汎用性が高い言語であり、データサイエンティストや機械学習アプリケーションを開発しているプログラマーのメインの選択肢とはならないかもしれない。

 Oracleは2018年3月にリリースされた「Java 10」以降、Javaの新バージョンを6カ月ごとに発表している。リリースの予測可能性と安定性を高め、新たなイノベーションを迅速に提供するためだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]