編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

「Googleアナリティクス」が大幅アップデート--新たな機械学習モデルなど

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-10-15 15:07

 Googleは米国時間10月14日、ウェブサイトのアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」の大幅なアップデートを発表した。新しい機械学習機能、シンプルで整理されたレポーティング、プライバシーへの配慮が特徴だ。

 この刷新により、データの分析や測定に最新のアプローチを取り入れる狙いだという。

 新しいGoogleアナリティクスは、2019年にベータ版としてリリースしたアプリ+ウェブプロパティの基盤をベースにしており、機械学習モデルを取り入れたほか、Googleアナリティクスと「Google Ads」との新たな連携を実現し、顧客がより効率的にデータを管理できる新しい設定項目を備えている。

 新しい機械学習モデルは、チャーン(サービスの解約や乗り換え)や購入可能性の計算など、データから読み取れる重要な動向をユーザーに自動で警告してくれる。

Googleアナリティクス
提供:Google

 また、デバイスやプラットフォームをまたいだデータ断片化を解消する統合型の測定や、広告のパーソナライズ、行動分析など、よりきめ細かいデータ制御が可能となっている。Googleはこれについて、プライバシーに配慮して設計されている点も強調した。

 Googleの測定および分析、購入プラットフォーム担当バイスプレジデントを務めるVidhya Srinivasan氏は、次のように述べた。「新しいGoogleアナリティクスは、クッキーや識別子が廃止されようとされまいと、将来に適応できるよう設計されている。測定にあたっては柔軟なアプローチを採用し、将来的には、データが不完全な場合のギャップを埋めるモデル化も取り入れる。つまり、着実に業績の回復を進めたり、将来の不確実性に直面したりする中で、Googleアナリティクスを利用して、マーケティングの結果を測定したり顧客のニーズに対応したりできる」

 Googleアナリティクスは2005年以降、業界の標準的なウェブ分析ツールとなっている。サインアップや標準バージョンの利用は無料で、個人や小規模企業にとっては理想的だ。より大手の企業向けには、有料版の「Google Analytics 360」がある。Srinivasan氏によると、サービス品質保証を締結し、「BigQuery」のようなツールとの高度な統合を実現するGoogle Analytics 360向けのアップデートは、今のところベータ版の段階だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]