編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

米豪、サイバー防衛協定を締結--訓練システムを強化へ

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-12-07 10:32

 米サイバー軍は米国時間12月4日、米国とオーストラリアがサイバー防衛で連携する共同協定に署名したことを明らかにした。11月3日に調印された「The Cyber Training Capabilities Project Arrangement」の目標は、オーストラリア国防軍が米サイバー軍のサイバー訓練システムにフィードバックを提供することで、両軍がサイバー攻撃に対する防御を演習できるようにすることだ。

兵士
提供:CNET

 シミュレーションを使ったこの訓練システム「Persistent Cyber Training Environment(PCTE)」は、両国でサイバーセキュリティ作戦が「サイバーの戦術、技術、手順の即応性を高める」のに役立つと、米サイバー軍は米国防総省サイトに掲載されたニュースリリースで述べた。

 オーストラリア国防軍の情報戦部隊を率いるMarcus Thompson少将はリリースの中で、「オーストラリアと米国には、サイバー能力の開発と、サイバー空間で戦い勝つための演習で連携してきた確固たる歴史がある」と述べた。

 米陸軍で防衛関連の輸出と連携を担当するElizabeth Wilson副次官補はリリースで、今回の協定は、米陸軍と同盟国の間で初めてサイバーセキュリティに限定して交わされた取り決めになるとした。

 「既知および潜在的な敵性脅威に対抗するため、陸軍は戦略的思考を再調整している。賢明な判断の下、新興のスマート技術に投資する取り組みに再注力してきた。こうした技術は、わが国の戦争を戦い勝つ能力を強化するだろう」(Wilson氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]