編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

クアルコム「Snapdragon 888」--5G接続、AI、ゲーム、画像処理を強化

Bill Detwiler (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2020-12-11 07:45

 Qualcommは先ごろ、最新の「Snapdragon 888 5G Mobile Platform」を同社年次技術サミットの基調講演で発表した。Snapdragon 888は、新たな「Snapdragon 8」シリーズのモバイルチップに期待される通常の性能向上に加え、5G接続、人工知能(AI)、ゲーム、画像処理の各機能を強化するよう設計されている。

Qualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platform
Qualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platform
提供:Qualcomm Technologies

 Snapdragon 888は、5nmの製造プロセス技術を採用し、「Arm Cortex-X1」をベースにした「Qualcomm Kryo 680 CPU」を搭載することで、最大2.84GHzまでのクロック周波数に対応している。同社はこの新たなCPUによって「CPU全体の性能を最大25%向上」させられるとしている。新たなチップは「Qualcomm Adreno 660 GPU」も搭載しており、同社によると、前世代と比較して35%高速なグラフィックスレンダリングが可能になるという。

 また、Snapdragon 888は、第3世代「Snapdragon X60 5G Modem-RF」システム、新たな第6世代「Qualcomm AI Engine」、第3世代「Snapdragon Elite Gaming」システム、「Qualcomm Spectra ISP」画像信号プロセッサーも搭載している。

 基調講演では、Snapdragon 888のデモとして、VerizonおよびEricssonの協力を得て構築されたプライベート5Gネットワークを介したRCモデルのレーシングカーの操縦が披露された。ドライバーは、1マイル(約1.6km)以上離れた場所から5Gのミリ波(mmWave)接続で2台の車を操縦しながら走路からのリアルタイム映像を目にしていた。

Snapdragon技術サミットデジタル2020の基調講演で「Qualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platform」を使い、RCレーシングカーを操縦。
Snapdragon技術サミットデジタル2020の基調講演で「Qualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platform」を使い、RCレーシングカーを操縦。
提供:Qualcomm Technologies

 Snapdragon 888は、Qualcommが2020年に発表した多くのチップの中でも最後のものになりそうだ。9月には「Always On, Always Connected」ノートPC向けの5Gチップ「Snapdragon 8cx Gen 2」を発表。7月には「Snapdragon 865」スマートフォンチップを強化した「Snapdragon 865 Plus 5G Mobile Platform」を発表し、6月にはミッドレンジの5Gスマートフォン向けに設計された「Snapdragon 690」を発表していた。

 Qualcommは、Snapdragon 888をベースにしたデバイスは、2021年第1四半期にも発売される見込みだとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]