編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

インフォマティカ、オールインワンでマスターデータを管理する「Customer 360 SaaS」発表

NO BUDGET

2021-01-19 11:13

 インフォマティカは、業界初だというエンタープライズ規模のクラウドネイティブソリューション「Customer 360 SaaS」を発表した。

 同ソリューションは、「Informatica Intelligent Cloud Services(IICS)」プラットフォームに構築されたサービスで、シームレスな接続性、データ統合、プロセスオーケストレーション、データ品質、参照データ管理、マスターデータ管理を単一のソリューションで実現する。同社によれば、エンタープライズ規模のクラウドネイティブかつエンドツーエンドのマスターデータ管理SaaS(Software as a Service)ソリューションは世界初とのことだ。

 データ統合、データ品質、ビジネスプロセスのオーケストレーション、参照データの管理をシームレスに実行できるオールインワンのプラットフォームをSaaS環境で実現できるため、所有コストの削減とビジネス効率の向上を図ることができる。

 クラウド上で構築されたエンドツーエンドのマスターデータ管理ソリューションとして、カスタマーエクスペリエンスの継続的な拡充方法としての360度ビューを提供し、貴重なカスタマーインサイトを引き出せるように、さまざまなソリューション管理という課題から企業を解放するという。

 データ統合された360度ビューによって、ビジネスユーザーは、販売効果を大幅に向上させ、新たな機会を発見できるほか、効率的にアップセル、クロスセルの意思決定を自動化することができる。同ソリューションのUI(ユーザーインターフェース)は、生産性の向上だけでなく、法人/消費者向けビジネス両方のカスタマーエクスペリエンスに重要なビジネスデータへのセルフサービスアクセスを確保できるよう、高度な設定とカスタマイズが可能となっている。

 さらに同ソリューションに搭載されたAI(人工知能)エンジン「CLAIRE」を活用することにより、マッチング、データ品質、データリネージといった機械学習機能と高い拡張性を利用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]