SpaceXの衛星インターネットサービス「Starlink」、ユーザー数が1万人を突破

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-02-05 13:58

 Elon Musk氏率いる宇宙開発企業SpaceXの衛星インターネットサービス「Starlink」のユーザー数が1万人を突破したことが明らかになった。また、Starlinkのネットワークはすでに100/20Mbps以上のインターネット速度を実現しているという。米国時間2月3日付の米連邦通信委員会(FCC)への提出書類で明らかになった。

「Starlink」の小型衛星
「Starlink」のサービスは宇宙空間にネットワーク通信用の小型衛星を飛ばしている。
提供:SpaceX

 CNBCが4日に報じた通り、書類には次のような記載がある。「Starlinkのパフォーマンスは、理論的でも実験的でもない。現在、米国内外のユーザー1万人以上がこのサービスを利用している」

 SpaceXは、Starlinkでインターネット速度向上を目指している。1000基を超える小型衛星を軌道に送り出しており、衛星コンステレーションを形成して地上にインターネットアクセスを提供する。

 SpaceXは4日、さらに60基の衛星を宇宙空間に送り出した。

 FCCは2020年12月、米国の地方部に高速インターネットを提供する支援プログラムの一環として、SpaceXに約8億8550万ドル(当時のレートで約920億円)の資金を支給すると発表した。FCCは、「地方部デジタル機会基金(Rural Digital Opportunity Fund)」の入札の第1段階で、35州に及ぶ64万2925カ所をSpaceXに割り当てた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]