編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

成城石井が全186店舗の運営ツールを刷新--本社/店舗間のやりとりを集約・統合

NO BUDGET

2021-02-05 13:01

 スーパーマーケットを展開する成城石井は、3月から全186店舗を対象に多店舗運営ツール「Shopらん」を活用する。

 成城石井では、本社と店舗の情報共有に電子メールのほか、掲示版やアンケート、eラーニングなどさまざまなツールを利用していたが、情報確認や運用が煩雑になるという課題があった。

 Shopらんは、ドリーム・アーツが提供するクラウドサービス。2021年1月時点で導入店舗数は約3万9000店を超えている。今回は「実行力向上」と「店舗負担軽減」への貢献が期待され採用された。

「Shopらん」導入で期待される効果
「Shopらん」導入で期待される効果

 成城石井はShopらんについて、本社と店舗間で行われていた複数のツールで行われるバラバラのやりとりを集約・統合することで情報処理にかかる負担軽減できるとしている。また、Shopらんによる店舗タスクの自動整理で店舗が実行しやすい環境を整備することに加え、ダッシュボードでの作業進行を可視化できることも高く評価した。さらに「操作が分かりやすく、直感的に使える」という点も採用の大きなポイントとなった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]