編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

スープストックトーキョー、「Shopらん」を全店舗に導入

NO BUDGET

2020-07-29 18:56

 スープストックトーキョーは、全67店舗に多店舗オペレーション改革を支援するドリーム・アーツのクラウドサービス「Shopらん」を2020年7月から導入開始した。

 同社では、導入半年後をめどにして、1店舗当たり月間3時間、サポートセンターはトータル月間10時間のオペレーション圧縮を目指している。

Shopらんの導入前と導入後の比較
Shopらんの導入前と導入後の比較

 これまで、店舗に届く情報は主にOutlookメールであり、その内容はフリーフォーマットの本文と添付ファイルで確認されていたが、Shopらんを活用することで情報をテンプレート化し、店舗にとって分かりやすい内容にして届けることができる。例えば、商品の納入数量の情報などは、全店分の情報が記載された添付ファイルを表示して自店にかかわる情報を見つけ出すのに手間がかかっていた。Shopらんでは、自動的に自店の情報だけをフィルタリングして本文内に表示させる機能が備わっており、店舗における業務効率化につながる。

 また、これまでアルバイトスタッフに対しては、店長が情報を整理した上で周知していたが、Shopらんの導入により、パートナー自身が自発的にサポートセンターから届く情報を確認することができるようになった。これまで、ユニットリーダー(複数店舗を統括するリーダー)は店舗の進捗状況をリモートで把握することが難しく、臨店時に「進捗を確認する」という作業が発生していた。Shopらんの導入により、店舗の進捗状況がリモートでも一瞬で把握できるようになり、臨店時の進捗確認の作業を圧縮できるようになった。

 さらに、ユニットリーダーは担当店舗の進捗状況をダッシュボードのようにShopらんの画面上で一覧化でき、優先的にフォローすべき店舗を把握することにも役立っているという。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]