編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

日本IBM、「コンテナ共創センター」を創設

ZDNet Japan Staff

2021-03-01 16:48

 日本IBMは、国内のシステムインテグレーター(SIer)や独立系ソフトウェアベンダー(ISV)と4月1日に「コンテナ共創センター(仮称)」を立ち上げると発表した。SIerやISVの製品のコンテナー利用の拡大を目指すという。

 同社は、日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進で、クラウドネイティブなコンテナーの利用拡大が必要不可欠である一方、SIerやISVではこれを担う人材の育成や確保に課題を抱えると指摘する。コンテナ共創センターでは、日本IBMと参加企業の技術アドバイザーがコンテナー開発に向けた技術のアドバイスや、検証用のコンテナー基盤を無償提供するほか、勉強会などを通じて技術関連情報やコンテナー活用事例を共有する。

 IBMは、コンテナー基盤で「Red Hat OpenShift」を提供するほか、パブリッククラウドのマネージドサービスで「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」、アップストリーム版Kubernetesによる「IBM Cloud Kubernetes Service」、オンプレミス/エッジ/マルチクラウド向けに「IBM Cloud Satellite」を提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]