編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Boston Dynamics、倉庫用ロボット「Stretch」を披露

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-03-30 08:20

 犬型ロボット「Spot」で知られるBoston Dynamicsが米国時間3月29日、「Stretch」という新たなロボットを披露した。

Boston Dynamics
提供:Boston Dynamics(画面キャプチャ:Amanda Kooser/CNET)

 Boston Dynamicsによると、Stretchは「倉庫施設と配送センター向けに特別に設計された同社初の商用ロボット」。アーム先端の「スマートグリッパー」を使って上部または側面から箱をつかむことができ、トラックの積み荷を降ろしたり、パレットに荷物を積み込んだりすることができるという。

 Boston Dynamicsが同日公開したStretchのプロトタイプを撮影した動画には、同社のSpotもカメオ出演している。

 Stretchはベース部分が小さく、パレットが置けるだけの広さがあれば配備することが可能。同ロボットはまだ開発中であり、Boston Dynamicsはこれを試験導入してくれる顧客を探している。同社はStretchを2022年に商用展開することを目指している。価格はまだ公表されていない。

 「Stretchは、Boston Dynamicsのモビリティ、知覚、操作の進歩を組み合わせて、ケースの取り扱いという最も困難でけがをしやすい作業に取り組む。現場で稼働させる日が来ることにわれわれは胸を躍らせている」と、Boston Dynamicsの最高経営責任者(CEO)を務めるRobert Playter氏は29日、声明のなかで述べている。

 Stretchは、多用途に対応するSpotを中心としたBoston Dynamicsのロボットのラインアップに追加された、実用的な製品だ。同社の人型ロボット「Atlas」も印象的だが、これはどちらかというと、いつの日か実際に現場で稼働させるものというより、技術デモや研究デモのようだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]