編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

NEC、数秒のサンプル映像のみで目的の行動を検出--骨格の変化を活用

大場みのり (編集部)

2021-04-05 14:10

 NECは4月5日、数秒の映像をサンプルにライブカメラの映像や映像アーカイブの中から、類似の行動を見つけ出す「オンデマンド行動検出」技術を開発したと発表した。

 同技術を活用することで、例えばうずくまりや倒れこみなど支援が求められる動作/行動を、商業施設などに設置されたカメラの映像からリアルタイムに検出し、施設の管理者が素早く駆け付けたり、救急通報を行ったりすることが可能となる。

 通常、特定の行動を映像から自動で検出するには、検出したい行動が映った映像を大量に集めて人工知能(AI)に学習させるなどの準備が必要だという。そのため、従来は探したい行動をすぐに登録して検出することが困難だった。また、一つの行動にもさまざまなバリエーションが存在するため、行動を定義してAIに学習させること自体が難しかった。

 今回開発されたオンデマンド行動検出は、サンプル映像に映っている人物の骨格構造を推定し、その変化をライブカメラの映像や映像アーカイブ内のものと比較することで、類似する行動を高精度に検出する。

 これにより、一般的な映像検索技術とは異なり、見つけたい行動を事前に定義してAIに学習させる手間が不要で、対象となる行動が映っている数秒の映像をサンプルとして与えるだけで、類似行動の検出が可能となる。また、被写体の向きに関係なく類似の行動を見つけ出せるため、一つの行動を検出するために複数のサンプル映像を与える必要がない。

 加えて、画像そのものではなく、画像から推定した骨格の形状(十数個の関節点)を基に行動を照合することで、従来の技術よりも計算量を抑えることができる。その結果、ライブカメラの映像から目的の行動をリアルタイムに検出したり、映像アーカイブから高速に検索したりすることが可能となる。

 NECは今後、映像解析技術などを組み合わせた見守りソリューションや、映像コンテンツの編集といった用途に向けて、同技術の実証実験を進めていく。

行動のサンプル映像と検出結果のイメージ(出典:NEC)
行動のサンプル映像と検出結果のイメージ(出典:NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]