日本製鉄、電子契約を本社地区で全面展開--押印が必要な書類を電子化

藤代格 (編集部)

2021-04-30 07:00

 鉄鋼メーカーの日本製鉄(千代田区、連結従業員数10万6599人)は、業務の一部で活用する電子契約サービス「CONTRACTHUB@absonne」を東京に設置する本社地区で全面的に運用。契約の電子化で業務を改革するという。4月27日、子会社でサービスを提供する日鉄ソリューションズ(港区)が発表した。

 新型コロナウイルス感染症に伴いテレワークを中心に業務する本社内で、CONTRACTHUBを本格的に活用。契約書、見積書、申込書、注文書、請書、請求書、各種申請書といった押印が必要な書類を電子化するという。

 契約押印と発送の電子化、収入印紙の削減、契約データの電子化での保存などの効果が見込めると説明している。

 CONTRACTHUBは、契約締結をスピーディーに可視化できるというSaaS。

 統合基幹業務システム(ERP)、販売システムなどと柔軟に連携でき、契約に関連するさまざまな業務の生産性を向上できるという。

 受注、発注の双方が電子化した契約書の締結、改訂の履歴をクラウド上で確認でき、管理業務も効率化できると説明。

 マネージドクラウドサービス「absonne(アブソンヌ)」で提供する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]