編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

業務スピードが向上、負荷を軽減--法務部が捉える電子契約の効果

藤代格 (編集部)

2021-04-01 06:45

 電子契約サービスを導入した法務部の56.9%が契約締結までの期間を1週間以上短縮――。3月31日、電子契約サービス「Signing」を提供するネオキャリア(新宿区)が発表した。

導入率(出典:ネオキャリア) 導入率(出典:ネオキャリア)
※クリックすると拡大画像が見られます

 調査は2月1~4日に実施。インターネットを活用し、企業の法務部に勤める302人を対象に調査している。

 302人のうち、電子契約サービスを利用していると回答した割合は46.1%。導入した理由を聞くと、70.5%が「業務スピードの向上」、次いで53.2%が「業務負荷の削減」と回答したという。

導入理由(出典:ネオキャリア) 導入理由(出典:ネオキャリア)
※クリックすると拡大画像が見られます

 導入前と比較した契約締結までの期間を聞くと、20.9%が「2週間以上~1カ月程度向上」、15.1%が「1週間以上~2週間程度向上」、10.8%が「1カ月以上~3カ月程度向上」、10.1%が「3カ月以上向上」だったとしている。

導入後の期間の変化(出典:ネオキャリア) 導入後の期間の変化(出典:ネオキャリア)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]