編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

業務スピードが向上、負荷を軽減--法務部が捉える電子契約の効果 - (page 2)

藤代格 (編集部)

2021-04-01 06:45

 電子契約サービスを活用する範囲や領域としては、24.5%の「起案/レビュー、文書管理、契約締結の全て」が最多で、「契約締結のみ」が23.7%と続いている。

活用範囲(出典:ネオキャリア) 活用範囲(出典:ネオキャリア)
※クリックすると拡大画像が見られます

 また、「起案/レビュー、文書管理、契約締結の全て」以外の回答者に、「全てを網羅的に利用できる電子契約サービスがあれば活用したいか」を聞いたところ、90.8%が利用したいと答えたという。

 ネオキャリアでSigning事業部 部長を勤める小山竜男氏は「新型コロナウイルス感染症の流行などで不確実性が増すビジネス環境の中で、よりスピードを持った対応が求められている。電子契約サービスは法務部の一連の業務プロセスの中の一部に限って活用されているという結果も見ることができ、横断的なサービス導入が進んでいない。一連の業務が電子とアナログで分断されてしまうと、スピードや業務負荷に加えて管理にも大きな手間がかかる。法務部にシームレスで網羅的なサービスが求められている」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]