編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

AWS、「App Runner」を発表--大規模コンテナーの利用を容易に

Asha Barbaschow (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-20 12:54

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間5月18日、コンテナー化されたウェブアプリケーションやAPIの迅速かつ大規模なデプロイを容易にすることを目指し、新たなフルマネージドサービス「AWS App Runner」を発表した。

AWS
提供:AWS

 App Runnerは、AWS上でコンテナー化されたウェブアプリケーションをビルド/実行するための最もシンプルな方法だとされている。これにより、ユーザーに対してフルマネージド型のコンテナーネイティブサービスがもたらされるという。

 AWSのブログには、同製品を用いることで、オーケストレーターの設定や、ビルドパイプラインの準備、ロードバランサーの最適化、TLS証明書のローテーションなどが不要になると記されている。

 ユーザーはApp Runnerの利用により、既存のコンテナーを使用したり、統合されたコンテナービルドサービスを用いることで、コードリポジトリーからアプリケーションを直接デプロイできるようになる。

 またAWSの説明によると、このビルドサービスは変更時の自動デプロイを可能にするgit pushのワークフローを提供するために、GitHubのリポジトリーに接続できるようになっている。

AWS
提供:AWS

 Justin Garrison氏はブログに、「コンテナーのビルドやプッシュを実行せず、開発したコードをApp Runnerサービスに引き渡したい場合には、GitHubリポジトリーを直接使用することができる。このビルドサービスはPythonやNode.jsといったランタイム向けのベースコンテナーも提供しているため、セキュリティパッチにまつわる作業を低減できる」と記している。

 ビルドプロセスをより細かく制御できるようにするため、App Runnerは「AWS Copilot」の最新版と連携し、アプリケーションをコンテナー化したり、「Amazon DynamoDB」などのAWSのサービスのプロビジョニングを自動化したりすることができる。

 App Runnerを使う上で、サーバー構成、ネットワーキング、ロードバランシング、あるいはパイプラインのデプロイメントに関する知識は必要ない。また、App Runnerはアプリケーションの実行時間に対して秒単位で課金する。同社は、「App Runnerを利用して、APIサービス、バックエンドのウェブサービス、ウェブサイト、その他さまざまのものを開発、実行しよう」とアピールしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]