調査

人工知能システムの市場規模が2000億円を突破--IDC予測

ZDNET Japan Staff

2021-06-02 16:40

 IDC Japanは6月2日、国内AI(人工知能)システム市場(エンドユーザー支出額ベース)予測を発表し、2021年は初めて2000億円を突破する見込みであることが分かった。2020年は前年比47.9%増の1579億8400万円だった。

 AIシステムへの投資は、コロナ禍でも衰えることがなく、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みとして加速しているとする。2020年は同市場の3分の1以上を構成するというソフトウェアが45.2%増で市場の急拡大をけん引した。

 また、ハードウェアも新型コロナウイルス感染症の研究やAI推論モデルによる非接触ソリューション開発などのニーズで、スーパーコンピューターや高性能サーバーの導入が伸び、104.2%増だった。サービス市場もビジネス変革支援、ITコンサルティング、アプリケーション開発/運用支援のニーズで同24.8%増だったとしている。

 IDC Japanは、2021年の市場規模を34.1%増の2119億1600万円と予測し、2020年に見られたニーズに加え、データマネジメントや分析、従業員へのリスキリング(職業能力の再開発)を中心に積極的に投資が行われると見る。2022年は28.7%増と成長スピードの鈍化を見込むが成長は続くとし、2020~2025年の年間平均成長率を25.5%、2025年の市場規模を4909億8100万円と予測している。

国内AIシステム市場 支出額 2020~2025年(出典:IDC Japan)
国内AIシステム市場 支出額 2020~2025年(出典:IDC Japan)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]