編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

偽の暗号化アプリを犯罪者に配布し傍受--FBIらの作戦で800人以上を逮捕

SEAN KEANE Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)

2021-06-09 13:08

 連携して捜査にあたった十数カ国の法執行機関は米国時間6月8日、米連邦捜査局(FBI)が秘密裏に運営している暗号化されたメッセージアプリを使うよう犯罪者らに働きかけ、容疑者800人以上を逮捕したことを明らかにした。FBIはオーストラリアと欧州の警察と協力して「AN0M」というアプリを容疑者らが使うように仕向け、やり取りを傍受した。

FBIのシンボルマーク
提供:James Martin/CNET

 この作戦は、米国と欧州では「Operation Trojan Shield」、オーストラリアでは「Special Operation Ironside」と呼ばれる。The Washington Postが報じたように、この作戦により、南米の麻薬カルテル、アジアの「三合会」、中東と欧州の犯罪シンジケートなどに属する容疑者らが摘発された。

 オーストラリア連邦警察のReece Kershaw長官が記者団に語った話によると、2018年にFBIとオーストラリア警察が「数本のビールを飲んだ際」、この作戦を思いついたという。

 AN0Mをインストールしたスマートフォン1万2000台以上が、余計な機能を外したうえで、犯罪への関与が疑われる数百の組織に配布された。そうした組織のメンバーがアプリの暗号化が完全であると保証し、自分たちの活動について話し合うために利用することが増えたため、犯罪コミュニティーで普及していった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]