編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

インフォマート、ウェブサイト運営効率化ツール活用--コンテンツを一元管理、行動を分析

藤代格 (編集部)

2021-07-12 07:15

 見積もりや販売、購買といったさまざまな業務をカバーするSaaS「BtoBプラットフォーム」シリーズを展開するインフォマート(港区、従業員数595人)は、ウェブサイト運営効率化ツール「coorum(コーラム)」を活用。

 デジタルツールの普及、ユーザーの知識やリテラシーの向上を目指すウェブサイトの運営を推進するという。7月9日、サービスを開発、運営するAsobica(品川区)が発表した。

 インフォマートは2021年4月、デジタル技術を活用して事業や組織、働き方のアップデートを目指すコミュニティープロジェクト「Less is More. Project」を開始。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)にまつわる知識向上に役立つイベントやコンテンツなどの情報をコンスタントに発信、情報交換できるウェブサイトの運営や、オンラインイベントなどを実施しているという。

 既存顧客向けのウェブサイトとなる“ナレッジサイト”をノーコードで構築でき、訴求したいコンテンツやイベントの一元管理、閲覧履歴やログを可視化して解約や満足度向上の要因分析ができるcoorumを活用。

 顧客生涯価値(Lifetime Value:LTV)の最大化を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]