編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ラクスル、PCやSaaSを管理するクラウド展開--ECやBPOなどを組み合わせ

阿久津良和

2021-09-02 12:44

 ラクスルは9月1日、第4の事業としてITデバイスとSaaSを統合管理するクラウドサービス「ジョーシス」の提供を開始した。同社は、コロナ禍によるリモートワークでIT部門の課題に直面。代表取締役社長 最高経営責任者(CEO) 松本恭攝(まつもと・やすかね)氏は「コーポレートIT領域の『不』を実感。問題を解決するビジネスを構想した」ことから、ジョーシスの提供に至ったと説明する。

「アナログな業務が多く自動化が進んでいない」

 ジョーシスは従業員入社時のデバイス調達からキッティング(業務内容に合わせた設定)、SaaSアカウントの作成を手始めに、在籍中はデバイスとSaaSの棚卸し、ヘルプデスク対応、デバイスとSaaSの割り付けや権限変更。そして退社時はデバイス返却や管理、SaaSアカウントのワンクリック削除といったIT部門が担ってきた雑務をクラウドで一括して実行できる。

 同社は印刷の「ラクスル」や物流の「ハコベル」、運用型テレビCMの「ノバセル」を提供してきたが、今回のジョーシスが第4弾のサービスになる。ラクスルは、コロナ禍で大きく売り上げが低下し、2020年の2月時点と5月時点を比較して約40%の減少に至った。同社も他企業と同様にリモートワークを実施し、コストダウンの一環として「人件費ではなく変動費に着手」(松本氏)

 マーケティングコストは約10分の1、開発業務委託費は約3分の1と販売促進管理費を約50%削減したが、IT部門の業務委託費は15%減にとどまった。「リモートワークの実現にはPCのセットアップや物理的な故障への対応が必要だったが、アナログな業務が多く自動化が進んでいない」(松本氏)との理由からジョーシスの展開を開始した。

ジョーシスの概要 ジョーシスの概要
※クリックすると拡大画像が見られます

 ラクスルが6月30日から3日間実施した調査(有効回答600件)によれば、IT部門が本来注力すべきは「企業IT戦略の全体像デザイン」「デジタルセキュリティ対策・研修」「情報システム人材の採用・育成」が上位に並ぶが、「実施できている」と回答したのは49.4%(「できている」9.3%、「どちらかというとできている」40.1%)にとどまった。

 その理由としては「業務量の多さ(25%)」「変則的・突発的な対応(18.6%)」などが上がり、約50%(無管理8.3%、スプレッドシートで管理38.8%)がデバイス管理を実施していない。SaaSの契約管理状況も50.1%が把握しておらず、運用コストに至っては58.5%が漠然と使い続けている状況がつまびらかになった。

 このように漫然としたデバイスやSaaSの運用状況を明確化し、IT部門の負担軽減を目指すためにラクシスはジョーシスの提供を開始した。

 2023年8月31日まで従業員50人以下の企業は無料で使用可能なジョーシスは、その6割をインドで開発している。また、デバイス調達などは同サービスで協業するTooが担う。Too 代表取締役社長 石井剛太氏は「(現在のIT部門は)より経営に近いポジションで動くことが求められている。生産性の高い環境を構築するため」に協業を選択したと説明した。

 現時点でジョーシスは約40のSaaSと連携し、年度内に100以上のSaaSに対応することを予定している。また、SaaS管理についてはAPI未対応のSaaSやオンプレのシステムも管理する。デバイス管理はジョーシス経由以外で購入したデバイスやリース品にも対応。CSVで登録することで管理可能としている。

 ラクスルの松本氏は「6月から十数社で(試験運用を)行った。(とある企業はSaaS)アカウント発行業務が3分の1に軽減している。2021年中に50件の契約」をビジネス目標に掲げた。

(左から)ラクスル 代表取締役社長CEO 松本恭攝氏、Too 代表取締役社長 石井剛太氏
(左から)ラクスル 代表取締役社長CEO 松本恭攝氏、Too 代表取締役社長 石井剛太氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]