編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

デル、画面にくっつくWi-Fiウェブカメラなど--コンセプト製品を発表

Chris Duckett (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-12-20 12:03

 Dell Technoligiesは米国時間12月15日、3つのコンセプト製品を発表した。その中でも利便性が高く商品化の見込みがあるのは、ディスプレイにくっつけられるWi-Fi対応のウェブカメラ「Concept Pari」だ。これにより、ビデオ会議の際にカメラに目線を合わせやすくなる。

Concept Pari
提供:Dell

 クライアントソリューショングループの最高技術責任者(CTO)を務めるGlen Robson氏は、「懐中電灯、接着剤、吸盤、マグネットなどを採用した試作品を数多く作ったのちにConcept Pariが出来上がった」と発表の中で述べた。

 「これは、対応ディスプレイや充電ドック、スタンド、どこにでも直接設置できる。あるいは手に持っていてもいい」(同氏)

 Dellはさらに、同製品を金属製のアームに装着して被写体を上から撮影する様子も紹介している。

金属製のアームに装着
提供:Dell

 このウェブカメラは重さ30gで、1080pの動画を撮影でき、ワイヤレス充電用のUSB-Cドックがある。また、盗撮や不注意によるカメラの切り忘れを防ぐため、逆向きにしてドックに置くこともできる。

 2つ目の「Concept Flow」は、Intelなどの企業がワイヤレス充電やディスプレイのワイヤレス接続を推進していた十年前の前向きな時代を彷彿とさせる。

 「インテリジェントな作業スペースに歩いていくところを想像してほしい。そのスペースに近づくと、自分が席に着く前にノートPCがディスプレイ、マウス、キーボード、信頼できるネットワークに自動的に接続する。最後に中断した作業を中断したところから再開できる」とRobson氏は述べ、次のように説明している。

 「同時に、ノートPCをそこに置くとワイヤレスで充電が始まる(コードを探し回ったり机の下を這ったりしなくてもいい)。次の場所に移動する準備ができたら、席を立つとConcept Flowの近接検知機能が自動的に接続を解除する。場所の移動は非常にスムーズだ」

 最後の「Concept Stanza」は筆記用の11インチのタブレットで、カメラやスピーカーはないが、音声入力用のマイクとしても使えるペンが付属しており、Stanzaをダブルタップすると手書き文字をテキストに変換してくれる。

 同社は先週、製造時のCO2排出量を大幅に削減するように設計されたプロトタイプのノートPC「Concept Luna」も発表している。

Concept Luna
提供:Dell

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]