編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
注目の記事まとめ「機械学習の現在」

SpaceX、月額約5万7000円の新プラン「Starlink Premium」を発表

Kourtnee Jackson (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-02-03 07:42

 SpaceXは、衛星インターネットサービス「Starlink」に上位のプラン「Starlink Premium」を追加すると発表した。

Starlink
提供:Starlink

 Starlinkのウェブサイトによると、Starlink Premiumの通信速度は下りが150~500Mbps、遅延は20~40msで、システムは過酷な気象条件に耐えられるように構築されているという。ただし、料金も月額500ドル(約5万7000円)と、Starlinkの基本プランの月額99ドル(約1万1000円)に比べてはるかに高い設定となっている。

 Starlinkのウェブサイトによると、Premiumプランは2022年第2四半期に提供開始予定で、希望者は今から予約できる。

 SpaceXは2020年にStarlinkの提供を世界各地で開始し、最高経営責任者(CEO)のElon Musk氏によると、これまでに10万台の端末を世界中の顧客に出荷したという。高速ブロードバンドインターネットサービスとして位置付けられているStarlinkは、SpaceXのロケットによって地球低軌道に打ち上げられた衛星を相互に接続したネットワークを利用する。

 Musk氏は、2021年6月に開かれたMobile World Congressでの講演で、Starlinkの契約者数について年内に50万人突破を目指すとしていた。同氏の目標の1つは、世界中の過疎地域や、 地上設備によるアクセス提供が難しい地域に住む人々が、より簡単にインターネットに接続できるようにすることだ。

 今回発表されたStarlink Premiumでは、24時間年中無休の優先的な顧客サービス、障害発生時の性能の改善、無制限データの提供などが主な特徴となっている。SpaceXはこのサービスを、企業や「高需要ユーザー」にとって第1の選択肢だとしている。なお、同プランを利用するには、500ドルの保証金と、衛星アンテナ、Wi-Fiルーター、ベース、ケーブルを含む2500ドル(約29万円)のキットを購入する必要がある。Starlinkの提供は申し込み順になることに注意が必要だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]