編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ「ジェネレーティブ」
記事まとめ:IT各社の中期経営計画
調査

ソフトウェアエンジニアは毎日何に時間を費やしている?--減らしたい作業は

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-05-12 07:15

 「ソフトウェア開発者」や「コーダー」という肩書きを聞けば、実際に何をしているのかは明らかだと思う人もいるだろう。しかし多くの開発者の日常では、さまざまな余計な仕事や想定外の要求に追われ、ソフトウェアの開発やコーディングが後回しになってしまっている。

What do developers do all day long? The answer may surprise you - and annoy them
提供:Hinterhaus Productions/GETTY

 ある調査によれば、ソフトウェアエンジニアは、週に平均約10時間しか「集中して仕事をする時間」を取れていないという。これは、集中力を途切れさせる要因や、フラストレーションを多く抱えているからだ。

 ソフトウェア開発ツールを提供しているRetoolが、米企業のソフトウェアエンジニア600人を対象として実施した調査のレポートでは、「初級エンジニアは、平均よりもかなり多くの時間を取れている。実際、彼らは上級エンジニアよりも20%多くの時間を取れているが、これはおそらく、彼らは管理業務上のオーバーヘッドに対応する必要が少ないためだ」と述べている。

 調査では、初級エンジニアと上級エンジニアの両方が、作業時間を減らしたい項目として変更内容のテスト(テストの作成や手動でのテストの実行)を挙げていた。また上級エンジニアは、採用候補者の募集や面接にかける時間を減らしたいと考えていた。

 開発者が嫌がる時間のかかる作業の中には、SQLのクエリーやデータベースの同期の遅さといった技術的な問題も含まれている。「他の人の作業待ち」にも不満を感じている開発者もいる。これにはコードのレビューや要件策定などが含まれる。特定のコードを書いたのが誰かを特定することに時間がかかる場合もある。

 さらに、調査対象のエンジニアの約90%が、オープンソースのコードは、日常業務に最低でも「ある程度は」必要不可欠だと述べていた。これはおそらく、開発者の多くが日常的にオープンソースのコードを利用しているからだ。開発者の80%以上が月に1度、50%近くが週に1回以上はオープンソースのコードを自分のコードに組み込んでいる。

 調査によれば、開発者は普段から、可能な場合にはコードを再利用している。回答者の個人コントリビューターは半数近く(44%)が、週に10~50行のコードを他のソースコードからコピーアンドペーストしていると述べており、3分の1は、週に50~100行のコピーを行っていた。また13%は、週に101~500行のコードを再利用していた。

 レポートでは、「2022年現在、ソフトウェアエンジニアの大半が他人のコードを実行している。開発者は、オープンソースのライブラリーを利用して開発を行っているか、自社のコードベースのほかの部分のコードや、オンラインで公開されているチュートリアルのコードを再利用している」と述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]