編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

グーグル親会社Alphabetの第2四半期決算、売上高は市場予想に届かず

Imad Khan (CNET News) 翻訳校正: 高森郁哉 (ガリレオ)

2022-07-27 11:52

 Googleの親会社Alphabetは米国時間7月26日、第2四半期決算(4~6月期)を発表した。利益が予想を下回る結果となった。不安定な経済状況により、先に決算報告を行ったSnapTwitterの広告売上が減少する中、Alphabetも影響を受けている。

Google社屋
提供:Stephen Shankland/CNET

 Alphabetは第2四半期、697億ドルの売上高を計上し、Yahoo Financeが調査したアナリスト予測の700億ドルを下回った。1株あたり利益は1.21ドルとなり、予想の1.31ドルに届かなかった。

 低調な決算の背景には、Alphabetの収益をけん引する広告が、景気減速による逆風に直面している状況がある。Googleの広告事業は、中小のインターネット企業ほどには影響を受けていないとみられるが、困難な環境に置かれていることに変わりはない。広告売上は、前年同期比約12%増の563億ドルだった。

 Google Cloudの売上高は前年同期比約36%増の63億ドルだった。ただし、同部門は依然として採算が取れておらず、赤字幅が45%増の8億5800万ドルに拡大した。

 Alphabetはまた、国外市場からの売上高の価値を減じるドルの高騰とも戦っている。同社によると、ドル高の影響で、収益成長率が前年同期比で3.7%減少したという。

 従業員数は、前年の14万4000人から17万4000人に増加した。AlphabetとGoogleの最高経営責任者(CEO)Sundar Pichai氏は、採用を抑えるとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]