編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

保育業務を支援する「おが〜るシステム」、横浜市の電子請求に対応

NO BUDGET

2022-08-18 16:45

 岩手インフォメーション・テクノロジーは、同社の保育業務支援システム「おが〜るシステム」について、横浜市が運営する保育/教育施設での電子請求の仕組みに対応させた。同システムを運用することで施設情報、月ごとの園児情報、日ごとの登降園データから、横浜市の電子請求書式を一括で作成・印刷することが可能となる。

請求書の確認画面
請求書の確認画面

 おが〜るシステムは、保育士の日々の業務負担の軽減を目的として、自治体と大学との共同研究により開発された。保育園・こども園・幼稚園・放課後児童クラブにおける保育業務を支援する。

 同システムの園児管理や登降園情報を利用し、データのコピーや転記といった煩わしい作業は一切なく、簡単な操作で請求書を横浜市に提出できるようになる。また年度内公定価格の合算金額や処遇改善等加算の合計値など、施設運営に重要な情報を試算できる。

 審査・支払スケジュールは画面上にガイドが表示されるため、他の資料を確認する必要はなく、横浜市の審査結果もアプリケーションが取り込むため、確認忘れによる入金遅れも解消される。

 同システムでは、生成した請求データをワンクリックで送信可能。画面上には最新のスケジュールが表示されるため、期限に遅れることがなく処理を進められる。

 さらに、横浜市が審査した申請データの結果もアプリケーション画面に通知し、期間内に処理を終わらせるようなアシスト機能も搭載している。またエラー対応に加えて、請求データ確定後の過誤対応も同様に行える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]