IT企業の年頭所感

「オブザーバビリティー」の重要性がより一層強まる--Datadog・国本カントリーマネージャー

ZDNET Japan Staff

2023-01-11 08:00

 2023年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

Datadog Japan カントリーマネージャー 国本明善氏

 2022年は、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みがさらに加速し、システムがより一層複雑化する中、システムの稼働状況を可視化し、問題の根本原因の究明やパフォーマンス向上を実現する「オブザーバビリティー」の普及を一層感じた年でした。それを表すように、日本国内でも幅広い業種の企業においてDatadog製品の採用が拡大しました。

 Datadogにとって、お客さまからのフィードバックが製品開発の指針となります。お客さまのニーズを予測し、それに応えるために継続的にイノベーションを起こすことに私たちは注力しています。2022年も企業のガバナンス戦略を支援する「Audit Trail」やクラウドの支出を制御する「クラウドコストマネジメント」など、多種多様な製品を投入、またDatadog製品の最適な使用法をガイドするSEサービスを国内で開始するなど、需要に即したソリューションを提供してきました。

 日本でのビジネスも好調に推移しており、金融、通信、製造、流通業などあらゆる業界、業種でDatadogの採用が進み、ITreview Grid Award 2022 FALLでは、9部門で「Leader」を受賞するなど、高いお客さま満足度をいただいています。

 Gartnerの「2023年の戦略的テクノロジのトップトレンド」の一つに「デジタル免疫システム」が掲げられているように、今後も目まぐるしい成長を続けるテクノロジー分野において、「オブザーバビリティー」の重要性がより一層強まっていくと予測しています。Datadogは本年もお客様さまサービス価値を最大化し、高い競争力をもたらすソリューションを戦略的に推進してまいります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]