マイクロソフト、「Yammer」ブランドを廃止へ--「Viva エンゲージ」に統合

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-02-15 12:43

 Microsoftが「Yammer」ブランドを廃止し、Yammerのアプリと機能を「Microsoft Viva エンゲージ」に移行すると発表した。Viva エンゲージは、ハイブリッドワークの世界に対応した従業員体験プラットフォーム「Microsoft Viva」の一部だ。同社は、Vivaの新機能を提供することも明らかにした。

提供:Eva-Katalin/Getty Images
提供:Eva-Katalin/Getty Images

 Microsoftは数年前から、Yammerベースのアプリを利用して、Vivaを拡充してきた。2022年夏には、「Microsoft Teams」向けのYammerの「Communities」アプリをベースとするViva エンゲージアプリを発表している。

 Microsoft Teams上で動作するViva従業員体験スイートには、Viva エンゲージ、「Viva ラーニング」「Viva トピック」「Viva コネクション」「Viva ゴール」が含まれる。Viva コネクションもYammerをベースとしており、Yammerアプリ群とVivaアプリ群の両方が提供される状況が続いていた。

 MicrosoftがYammerブランドを廃止し、そのすべてをViva エンゲージに統合することを決めた狙いは、機能の重複に起因する混乱を軽減することにある。

 「Microsoft 365」担当ゼネラルマネージャーのSeth Patton氏は発表の中で、「この最初のステップに関して、ユーザーからフィードバックを頂戴している。これからの1年間で、YammerのすべてがViva エンゲージになり、Yammerブランドは終了する。さらに、リーダーシップエンゲージメント、本物の表現、イベント、知識の発見を促す新しい機能群によって、Viva エンゲージの強化にも引き続き取り組んでいく。これには、今日から提供が始まる新しい体験も含まれる」と述べた。

 Microsoftの別のブログ記事によると、ユーザーから、「2つのアプリが同じような体験と同じサービスおよびコンテンツを表示するので、混乱が生じている。それが原因で、導入を促進したり、エンドユーザーに分かりやすい体験を提供したりすることが困難になっている」というフィードバックが寄せられたという。

 Microsoftは2012年にYammerを12億ドルで買収して、「Office」部門の下で運営し、「Office 365」「SharePoint」「Dynamics」「Skype」などのクラウドサービスとともに、エンタープライズソーシャルネットワークを推進してきた。

 同社はまず3月にViva エンゲージのブランドの下で、「Outlook」向けCommunitiesアプリと、「iOS」および「Android」向けのYammerモバイルアプリを更新する予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]