働き方の柔軟性が組織文化と生産性を強化する--Future Forum調査

Vala Afshar (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2023-02-28 06:45

 Future Forumは、柔軟でインクルーシブな、そして人々がつながった働き方の構築に取り組むコンソーシアムだ。同コンソーシアムは、人を中心に据えたデジタルファーストな職場を創出するために、企業幹部を対象に調査を実施したり、会議を開催したりしている。その最新の調査は、米国とオーストラリア、フランス、ドイツ、日本、英国の1万243人のワーカーを対象に、職場ポリシーの新たな傾向に焦点を当てて2022年11~12月に実施された。

ノートPCのキーボードを打つ様子
提供:June Wan/米ZDNet

 以下は、この調査の結果をまとめたものだ。

  • 柔軟性は強固な組織文化を醸成する。働く場所を柔軟に選択できる「フレキシブルワーカー」であっても、ともに作業するチームとのつながりを感じることが多く、そのレベルはオフィスでのフルタイム勤務に従事するワーカーに勝るとも劣らない。さらにフレキシブルワーカーはチーム直属のマネージャーや、企業の価値観ともつながりを感じている傾向にある。
  • 柔軟性はバーンアウト(燃え尽き症候群)の急増に歯止めをかけている。バーンアウトは依然として、世界各地で増加傾向にあるが、今回の四半期調査では42%が経験したと回答し、前回の調査に比べると2ポイントとわずかな増加にとどまっている。とはいえ、この数値はFuture Forumが従業員のバーンアウトを調査項目に加えた2021年5月以来で最も高いものとなっている。
  • 柔軟性は、生産性の主な推進力となっている。企業幹部らは、フレキシブルワークによってもたらされる懸念として生産性の低下を2番目に挙げている。その一方で、フレキシブルワークにより生産性は向上しこそすれ、低下することはないようだ。特に、スケジュールに柔軟性を与えた場合にワーカーの生産性が最も高くなっている。

 以下は、同調査結果におけるその他の重要ポイントだ。

テクノロジーのイノベーターは、テクノロジー面で後れを取っている企業を生産性で圧倒的に上回っている

 テクノロジーへの投資は、従業員エクスペリエンスにどのような影響をもたらすのだろうか?

 自社がテクノロジーイノベーターだとするワーカーの従業員エクスペリエンスは依然として、以下を含むあらゆる指標で、自社がテクノロジーで後れを取っているとするワーカーよりも優れていることが同調査で示されている。

  • 生産性を示す指標は1.6倍高い
  • 集中力を示す指標は2倍高い
  • 帰属意識を示す指標は2.2倍高い
  • 全体的な満足感を示す指標は2.8倍高い

テクノロジーのイノベーターは、テクノロジー面で後れを取っている企業を生産性で圧倒的に上回っている。
提供:Future Forum

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]