マイクロソフト、「Teams」の新バージョンを準備か--リソース使用量を大幅削減

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-02-22 11:23

 Microsoftが「Microsoft Teams」の新バージョンを提供する準備を進めているという。この動きを報じたThe Vergeによると、内部で「Teams 2.0」または「Teams 2.1」と呼ばれている同バージョンのクライアントアプリでは、リソースの使用量が大幅に減る見込みだとされている。

オフィスで語り合う2人の人物
提供:Klaus Vedfelt/Getty Images

 The VergeはMicrosoftの計画に詳しい情報筋からの話として、同社内で新たなTeamsクライアントが広くテストされていると伝えている。

 Microsoftはこれまで、Teams 2.0アプリの開発を進めているという事実を隠してはいない。この取り組みには、JavaScriptフレームワークの「Angular」から「React」への移行と、クロスプラットフォームデスクトップアプリ開発フレームワークの「Electron」から「Microsoft Edge WebView2」への移行も含まれている。同社はこの1年の間に、メッセージングや通話、会議のパフォーマンスを向上させたことを明らかにしている。またレイテンシーの低減や、ページのロード時間の短縮、スクロールのさらなる円滑化、メッセージ作成ボックスのロード時間の短縮も目指している。

 Microsoftは2022年11月に、Teamsアプリのパフォーマンス向上についての概要として、2020年6月時点の同アプリと比較した数値を明らかにしていた。2020年6月は、新型コロナウイルスのパンデミックによって同アプリがミーティングに必要不可欠になった時期に相当する。

 2020年6月のTeamsと比較すると、2022年11月時点のTeamsにおけるチャットスレッド間の切り替えは32%高速に、チャネルスレッド間の切り替えは39%高速になっている。なお2022年6月のリリースでは、その2年前と比べてチャットスレッド間の切り替えは20%高速に、チャネルスレッド間の切り替えは28%高速になっていた。こういったパフォーマンスの向上はフレームワークのアップグレードによるものだ。

 The Vergeが伝えているように、Teamsエンジニアリングの元責任者であるRish Tandon氏は2021年に、新しいアーキテクチャーによって「複数のアカウントの利用や、日々の作業シナリオ、リリース予測性、クライアントのスケールアップ」に対するサポートが強化されると説明していた。また、Microsoftは「Apollo GraphQL」を採用するとともに、GraphQLプロジェクトに貢献してもいる。

 同社はこの新Teamsアプリのプレビュー版を3月下旬にリリースする計画だとされている。また、既存のアプリに戻すオプションもユーザーに提供するという。

 Microsoftは最近、「Microsoft 365」のアドオンである「Microsoft Teams Premium」のサブスクリプションを米国で提供開始した。料金は1ユーザーあたり月額10ドル(約1300円)。このアプリに搭載されているインテリジェント要約などの人工知能(AI)機能には、OpenAIの「GPT-3.5」シリーズの大規模言語モデル(LLM)が用いられている。

 このサブスクリプションは、Teamsの月間アクティブユーザー数(MAU)の伸びが鈍化している中で提供が始まった。TeamsのMAUは2022年1月の2億7000万人から、現在では2億8000万人に増加している。1日あたりのアクティブユーザー数(DAU)は、2020年3月の4400万人から、2021年4月時点で1億4500万人に増加していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]