りそな銀行、AI自動音声対話システムを導入--オペレーターの工数削減に尽力

NO BUDGET

2023-02-24 07:10

 AI Shiftは、りそな銀行(大阪市)が電話応対の業務効率改善とユーザビリティーの向上に向けて、AI自動音声対話システム「AI Messenger Voicebot」を導入したと発表した。

 AI Messenger Voicebotは従来の音声ガイダンスとは異なるインタラクティブでスムーズな音声対話を実現する電話応対の自動化サービス。AIチャットボット「AI Messenger Chatbot」の音声対話に特化した独自の対話エンジンを搭載している。

 今回の導入により口座開設やポイントサービスプラグラムの「りそなクラブ」などに関するよくある質問に対して、ボイスボットが自動で回答し、必要に応じて手続きのためのURLをSMSで送信することが可能となった。

 また、窓口における営業時間外の受電をボイスボットで自動応答することにより、日中に電話がつながらなかった顧客や、来店が難しい顧客に対しても即時に問題解決を実現することが可能となる。さらに日中に集中してしまっていた電話を分散することで、オペレーターの工数削減にもつなげていくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]