ペンシルバニア大准教授、授業で「ChatGPT」利用を奨励--「目覚ましい」成果

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-02-22 12:58

 ペンシルバニア大学ウォートン校のEthan Mollick准教授は、すべての授業で「ChatGPT」と人工知能(AI)の使用を認めている。学生は授業でAIを使用し、効果的な活用方法を学ばなければならない、というのが同氏のポリシーだ。

黒板に何かを書くロボット
提供:iStock / Getty Images Plus

 Mollick氏によると、ChatGPTをシラバスに組み込んだ結果は「目覚ましい」ものだったという。

Ethan Mollick准教授の授業ポリシー
提供:Ethan Mollick

 学生がAIを最大限に活用できるように、Mollick氏は、AIを使って文章を作成するためのガイドを学生に提供した。その後、ChatGPT内で少なくとも5つのプロンプトを使用して、5つの段落で構成されるエッセイを作成する課題を学生に与えた。

 1つ目のプロンプトの結果は、どれだけ記述的であっても、常に平凡なC評価のエッセイだった。しかし、改善した指示を与えたさまざまなプロンプトを使用することで、学生たちは結果を微調整することに成功した。自身の知識を追加して、ChatGPTと共同でエッセイを編集した学生は、最高の結果を生み出した。

 学生がChatGPTからコピー&ペーストしたときに見られることが多い平凡なエッセイは、学生がチャットボットと協力して質の高いコンテンツを作成する努力を怠った結果である、とMollick氏は主張した。

 「AIに優れたコンテンツを作成させるのは、実際には簡単なことではない」とMollick氏。「AIに意味のあるコンテンツを作成させるには、トピックに関する専門知識とスキルの両方が必要だ」

 たとえ自分がAIを受け入れなかったとしても、AIはあらゆるところに存在する、とMollick氏は話す。同氏がChatGPTを使用してプロジェクトのアイデアを生成する方法を学生たちに教える前から、すでに学生たちはそれを実行していた。プロジェクトのアイデア生成におけるAI支援の結果も好ましいものだった。

 「その結果、今学期のプロジェクトの質は、過去のAI導入前のクラスよりもはるかに高くなっている」とMollick氏。「これにより、プロジェクトの成功率が向上し、チームのエンゲージメントが促進された」

 ただし、同氏はいくつかの問題も確認している。例えば、クラス全員の前でわざわざ発言しなくても、後でChatGPTに詳細な説明を求めることができるため、学生が授業中に挙手する回数が少なくなったという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]