気象庁、線状降水帯予測スーパーコンピューターの構築を完了

NO BUDGET

2023-02-27 14:54

 気象庁が土砂災害や河川の氾濫などの豪雨災害の要因となる「線状降水帯」の発生を予測する気象庁の線状降水帯予測スーパーコンピューターの構築を終え、3月1日に稼動を開始する。システムを納めた富士通が2月27日に発表した。

2020年7月豪雨の線状降水帯(気象庁提供)
2020年7月豪雨の線状降水帯(気象庁提供)

 このシステムは、理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピューター「富岳」の技術を活用した富士通の製品「PRIMEHPC FX1000」24ラック(主系・副系各12ラック)で構成され、総理論演算性能は約31.1ペタFLOPS(ペタFLOPSは毎秒1000兆回の浮動小数点演算ができることを表す)となる。

 スーパーコンピューターの世界ランキング「TOP500」の50位内に主系と副系の2システムがエントリーされる見込みで、国内5位相当の性能を2つのシステムで全体構成するシステムとなる。また、ストレージシステムは総容量42.3ペタバイトの高速ストレージで構成されている。

 さらに同システムは、富士通のデータセンターに設置され、24時間安定した運用管理による業務継続が可能となっている。

線状降水帯予測スーパーコンピュータ
線状降水帯予測スーパーコンピュータ

 富士通は今後も、気象庁の大規模な中枢システムである「地域気象観測システム」(通称:「アメダス」)など、ほかのシステム運用も含めて、同庁が取り組む「観測・予測精度向上のための技術開発」などの活動を包括的に支援していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]